ページの先頭です

大人のためのADHDナビ

ADHDのあなたへ

ADHDのあなたへ

ADHDと上手につきあう気持ちが大切です。

発達障害の一つであるADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)の方は、不注意や衝動性、多動性のために、他人から誤解を受けることも少なくありません。「怠けている」とか、「協調性がない」とか、「努力不足」などと指摘され、自己肯定感が低くなってしまいがちです。でも、それはご本人の意思の問題ではなく、ADHDという障害に起因するものとわかれば、対処法を見つけやすくなります。

自分の特性を知ることが大切です。

ADHDの方がよりよい生活をおくるためには、まず“得意なこと”と、“苦手なこと”が何かを、ご自分で把握することが重要です。その上で、“得意なこと”を伸ばし、“苦手なこと”を改善できるように、日常生活に工夫をしたり、ADHDに理解のある友人や職場の同僚などを見つけ、サポートしてもらうとよいでしょう。

ストレスをためこまないようにしましょう。

ADHDの方は、ストレスに弱い傾向があります。ストレスをためないように、自分に合ったストレス解消法を見つけておくことも大切です。

家族と、お互いの気持ちをわかりあうことも大切です。

家族や友人など身近な方も、家族療法などを受けることをおすすめします。お互いの気持ちをわかりあうことが、治療の効果を高めることにもつながります。

子どものADHDを学べて、上手に付き合えるヒントもまとめています

子どものためのADHDナビ

ADHDの可能性の有無を簡易的に調べるチェックリストです。
結果をみて「もしかしたら?」と思ったら、専門医に相談しましょう。

メンタルナビなら地域検索はもちろん、駐車場有無、早朝・夜間診療、
最寄り駅や所要時間など様々な条件から病院を探せます。

ページの先頭へ