ページの先頭です | 本文へ | メニューへ |

【こころの病気・脳の働きに関連する病気の理解とより良い付き合い方をサポートするメンタルヘルスサイト】

  1. AD/HDナビ >
  2. 理解する >
  3. どんな症状?/中心症状
ここから本文です
理解する

どんな症状?/中心症状

AD/HDは、次の3つを中心的な症状とする発達障害*です。

  1. 不注意(物事に集中することができず、忘れ物が多い)
  2. 多動性(落ち着きがなく、じっとしていることができない)
  3. 衝動性(思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない)

症状の現れ方や程度にはかなり個人差があり、大きくは次の3つに分類されます。

  1. 混合型(不注意、多動性、衝動性の3つがみられる)
  2. 不注意優勢型
  3. 多動性・衝動性優勢型

AD/HDには、実行機能の低下をはじめとする脳の器質的*・機能的障害が背景にあると考えられています。実行機能とは、目の前の状況を把握して認知する力、順序立てて考えをまとめる力、衝動的に反応せず行動を待てる力、現在の状況と過去の記憶を照らし合わせて判断する力、実行に移る前に順序立てる力、のことです。この実行機能が障害されているために、多動性や衝動性、不注意が引き起こされると考えられています。

[*] 用語の解説
発達障害:
発達期(主に乳幼児期から幼児期)にあらわれる心身の障害で、代表的なものとして、自閉症、アスペルガー症候群、AD/HD、学習障害などがあります。脳機能のアンバランスが原因と考えられていますが、詳しいことはまだ解明されていません。
器質的障害:
胃が炎症を起こしているなどのように、物理的(物質的)に脳に異常が生じている、脳炎、外傷、腫瘍などの障害のことです。器質的障害は、ほとんどの場合、CT、MRIの検査で確認することができます。

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)トップへ
ここからメニューです
ここから関連メニューです
  • アンケート(病気に関する調査を実施中 集計結果も公開しています)
  • メールマガジン(病気に関する情報をメールにて配信しています)

このページの先頭へ

© Janssen Pharmaceutical K.K.

このサイトは日本国内に向けて制作いたしております。
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ヤンセンファーマ株式会社によって運営されています。