ページの先頭です

親と子どものためのADHDナビ

ADHDを学ぶ

学校関係者の方へ

ADHD のお子さんは、先生の“気づき”と“サポート”を必要としています。

「授業中、じってしていられずに歩き回る」、「毎日のように忘れ物をする」、「得意教科と苦手教科の理解の差が極端に大きい」。クラスの中に、このようなお子さんはいませんか?
もしかしたら、その子はADHD(注意欠如・多動症)かもしれません。

ADHDのお子さんは、学校生活を送るうえで様々な困難やつまづきを感じ、悩んでいます。
学齢期のお子さんの3~7%が、ADHDの症状をもっているといわれています。これは、30人のクラスに1~2人いる計算になり、決して珍しくはありません。

ADHDは、周囲の正しい理解と支援によって、お子さんのつまずきを減らし、症状を改善していくことができます。そのためには、保護者や専門の医師だけでなく、担任の先生などの学校関係者、児童相談所などの福祉関係者との連携したサポートが不可欠です。
ADHDのお子さん本人を含め、クラス全員のよりよい学校生活のためにも、学校関係者の方々にADHDに関する一層の知識と理解と深めていただければ幸いです。

大人のADHDを学べて、上手に付き合えるヒントもまとめています。

大人のためのADHDナビ

ADHDの可能性の有無を簡易的に調べるチェックリストです。
結果をみて「もしかしたら?」と思ったら、専門医に相談しましょう。

メンタルナビなら地域検索はもちろん、駐車場有無、早朝・夜間診療、
最寄り駅や所要時間など様々な条件から専門医を探せます。

ページの先頭へ