ページの先頭です

親と子どものためのADHDナビ

ADHDを学ぶ

ご家族・周囲の方へ

ADHDのお子さんには、ご家族のサポートが不可欠です。

ADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)は、「落ち着きがなく、授業中に歩き回ったりする子ども」などと理解されていますが、子どもは本来、元気によく動き回るものですから、その見極めは容易ではありません。しかし、年齢につりあわないほど落ち着きがなかったり、不注意な行動が強くあらわれて、それによって学校生活やお友達との関係に問題が生じている場合は、ADHDの可能性があるかもしれません。

ADHDは、ドパミンという脳内の伝達物質の作用が不足気味になっておこると考えられています。ですから、お子さんの性格や気質が原因ではありませんし、ましてや保護者の方の育て方やしつけが悪いためではないのです。そして、ADHDの症状に、一番悩み、苦しんでいるのはお子さんご本人です。ご家族の方には、ぜひお子さんの気持ちに寄り添って、支えていただきたいのです。

ADHDには症状の改善が期待できる支援・治療法があります。また、そのままにしておくと二次的な別の障害につながる可能性もあるため、早期の治療が大切です。「もしかしたら?」と思ったら、ぜひ早めに専門の医師に相談してください。ADHDの治療には、ご家族や、医師、学校関係者、福祉関係者など、周囲の多くの方の理解と支援、そして連携が不可欠です。このサイトが、ADHDに関する知識と理解向上のお役に立てれば幸いです。

大人のADHDを学べて、上手に付き合えるヒントもまとめています。

大人のためのADHDナビ

ADHDの可能性の有無を簡易的に調べるチェックリストです。
結果をみて「もしかしたら?」と思ったら、専門医に相談しましょう。

メンタルナビなら地域検索はもちろん、駐車場有無、早朝・夜間診療、
最寄り駅や所要時間など様々な条件から専門医を探せます。

ページの先頭へ